メインイメージ

ガソリン以外の車の燃料

ガソリン以外で車の燃料に使われている最も一般的なものは軽油です。ディーゼルエンジンに使われます。ガソリンと同じように道路を走る前提で課税されている燃料です。大型車はほとんどそうで、2t以上のトラックやバスなどでは一般的ですが、現在排気ガス規制の関係で小型にはあまり使われていません。

次にはLPG液化プロパンガスがあります。これはタクシーなどに使われていますが、課税が少なく比較的安い価格になっています。また排気ガスにすすが少なく、音も静かなメリットがありますが、出力が出しにくいデメリットもあります。

次いでCNG圧縮天然ガスがあります。主成分はメタンガスで大型バスなどで利用されていますが、エンジンが高くそれほど普及していません。しかしCO2の排出量が少なくエコカーとして補助されています。

また日本ではガソリン以外にバイオ燃料もありますが税制の問題もありあまり普及してません。バイオディーゼルやバイオエタノールなどは実験的に使われている以外には、ガソリンにある程度エタノールを添加している程度です。

ガソリン以外と言うことなら燃料ではないですが電気自動車もあります。一般的な家庭用電力を充電して走るのでガソリン以外の一種といえるでしょう。

現在徐々に普及しつつあり、排気ガスを排出しないメリットがありますが、まだ充電に時間がかかることや、航続距離の問題、車両価格の問題などがあり次世代のエコカーの本命と決まったわけでもありません。

電気自動車のメリット・デメリット

電気自動車のメリットをあげると、まず、有害な排ガスを排出しないということあげることができます。地球温暖化の原因と言われるCO2を排出しないエコカーということでは、ハイブリッドカーよりも遥かに上です。また、二つ目に燃料費がガソリン車に比べると非常に安いということをあげ...  続きはこちら ⇒