メインイメージ

ガソリン車の豆知識

普通自動車の動力源はエンジンですが、そのエンジンを動かすためにはガソリンが必要です。そして、エンジンは4つの行程を繰り返して動きます。

第1の行程は吸気行程です。吸気行程では、ピストンが下降し、吸気バルブが開いて空気をシリンダー内に吸い込みます。急加速する場合は空気を多く吸い込み、その空気量に合わせてインジェクターからガソリンを噴射させ混合気を作ります。

第2の行程は圧縮行程です。吸気バルブが閉じて、ピストンが上昇して、混合気が圧縮されます。空気だけを圧縮させることができるディーゼルに比べてガソリンエンジン車の場合、圧縮しすぎると勝手に燃焼してしまうので、あまり強く圧縮することができません。そのためディーゼルエンジンのほうが燃焼効率がよくなります。

第3の行程は燃焼行程です。圧縮した混合気をスパークプラグで点火して、爆発させます。その力でピストンが下に押され、動力となります。ディーゼルに比べるとガソリンエンジンの方が、燃焼のタイミングを制御することができます。

そして、最後の第4の行程は排気行程です。ピストンが再び上昇した際に排気バルブが開いて、燃焼したガスが排出されます。

上記のような4つの行程を繰り返しながらエンジンが動いているわけですが、このような知識がなくてもクルマの運転はできますし、ほとんどのドライバーはエンジンの知識を持たずに運転していることでしょう。しかし、少しでもエンジンの知識を知っていると、運転することがより楽しくなることと思います。