メインイメージ

ガソリン車は全体のどれぐらいの割合?

近年自動車業界では、燃料機関の開発競争が激化しており、各メーカーともハイブリッドを含むガソリンエンジン以外に、ディーゼルエンジン、電気モーターエンジンなどを発表し、販売しています。

特にディーゼルエンジンは、今までのイメージを覆すクリーンな排気ガスを排出するクリーンディーゼルが開発され、そのトルクフルなエンジン性能と安価な燃料費から、主にSUVやスポーツセダンなど、スポーティな車に搭載され注目がされています。

しかし、一般的にはハイブリッドを含むガソリンエンジンが主流で、全体の割合の9割を占めています。

他のエンジンが今後も開発され続きますが、どのメーカーもガソリンエンジンを主体とした生産工場が多く、またハイブリッドの補助モーターなどとの相性も良いので、この割合は数十年先まで変わらないと言われています。

これからの自動車は、さまざまな燃料機関を搭載したモデルが販売されると言われていますが、特にハイブリッドを含むディーゼルエンジンの割合が増えてくると予想されています。